420−0803
静岡市葵区千代田6−13-1
tel  054-267-3070

営業時間 10:00〜21:30
定休日   日曜 祝祭日

か・ん・た・んフィットネス

   

佐藤義昭氏

      (写真中央)


発明者である私が、今から40数年前に正座のときの脚の痺れからひらめき、「筋肉を太く大きくしたい」という
素朴な欲求から生まれた加圧トレーニング。当初は私自身と周囲のごく少数の人たちの財産であったこの
トレーニング方法が、今や単なる効率的な筋力トレーニング方法としてのみならず、健康、介護予防、
予防医学、美容、航空宇宙医学など多方面で研究され、効果の検証が進んでおりますこととともに、既に
数十万人の方が実践され、様々な社会貢献に寄与されていることを大変喜ばしく思っております。

 1995年に東京大学 石井直方教授と共同研究を始めてから、2004年6月には日本加圧トレーニング学会
が発足し、同年10月には東京大学医学部附属病院 22世紀医療センターにおいて最初の研究寄附講座
として株式会社サトウスポーツプラザ 加圧トレーニング・虚血循環生理学講座が開設され、さらに2006年
4月には東京大学大学院 新領域創成科学研究科においてスポーツ・運動生体情報科学寄附講座
(サトウスポーツプラザ)が開設されました。

 現在、加圧トレーニングの指導を行える有資格者も多数にのぼり、全国各地で活躍しており、様々な目的で
加圧トレーニングを実践したいと考えている方々に対して対応すべく、日夜努力に励んでおります。
 加圧トレーニングの専用器具も年々進化し、皆様がより安全に、効果的なトレーニングに取り組んでいただける
よう、改良を重ねております。

 2008年以降、海外への展開も急速に進み、2008年10月にはスポーツ医学分野における世界最大の
学術団体である米国スポーツ医学会(ACSM)とパートナーシップを締結し、共同研究プログラムを開始したほか、
2009年1月にはスリランカ民主社会主義共和国において、WHO(世界保健機関)関与のもと、
「加圧高度先進医療トレーニングセンター」を設立いたしました。さらなる国際的な展開も予定されており、
進化し続ける加圧トレーニングが世界中の人々の健康に寄与することを期待し、発明者である私をはじめ、
関係者一同日々努力していく所存であります。
 (加圧トレーニング本部HPより)